検査部

当院検査部では臨床検査技師6名で血液・尿の分析や、心電図、呼吸機能、血管の検査等を行い、正確で信頼度の高いデータをにより早く提供できるようにしています。

検査案内

尿検査

尿一般検査は色調・混濁・PH・糖・蛋白・ウロビリノーゲン・ビリルビン・潜血・アセトン体を測定し尿沈渣では顕微鏡で尿に含まれる細胞などを見ます。
また尿中肺炎球菌莢膜抗原、尿中レジオネラ抗原検査も実施しています。

尿測定装置

顕微鏡

便その他の検査

便の中に微量に血液が混じっているかどうかや、寄生虫卵を調べます。
便の中のノロウイルスやクロストリジウムディフィシルという細菌が作る毒素の検査も実施しています。
鼻腔ぬぐい液でインフルエンザを、咽頭ぬぐい液でマイコプラズマ抗原の検査を実施しています。

血液検査

白血球数、赤血球数、Hb(ヘモグロビン)、血小板数を機械で測定し貧血や炎症などの診断に用います。
過去1~2ヶ月間の血糖コントロール状態が分かるグリコヘモグロビン(HbA1C)も測定しています。
出血時間、PT、APTTなど血液の凝固能を反映する検査もしています。

グリコヘモグロビン分析装置

自動血球分析装置

生化学、免疫検査

血液ガス分析は、主に動脈血中の酸素、二酸化炭素の割合を見る検査です。
血液を遠心分離し上清で肝臓、腎臓、高脂血症、血糖炎症、腫瘍マーカー、甲状腺、心筋マーカー(NT-proBNP)、感染症などの検査をしています。

免疫測定装置

血液ガス分析装置

臨床化学分析装置

生理検査

心電図

安静時12誘導心電図・ホルター心電図(シャワー可24時間心電図)・負荷心電図は、不整脈、心筋梗塞などの心臓の病気の診断に用います。

心電計

肺機能検査

肺活量などを測定し呼吸機能に異常ないかをみます。

肺機能測定装置

血管検査

ABPI測定機

ABPI(血圧脈波検査)は、血管の硬さ、つまり具合を測ります。

APG測定機

APG(空気容積脈波検査)は、静脈の逆流、うっ血状態を測ります。

SPP測定機

SPP(皮膚潅流圧検査)は、創傷ケアーに欠かすことの出来ない検査で、傷のある部分の皮膚の血流を評価します。

筋電計

筋電図検査は、手の神経の伝導速度を測定することにより、手根管症候群などの診断に用います。

PAGE TOP